サイアミーズフライングフォックスが突然死する原因&対処法!サイアミーズフライングフォックスが死ぬ原因を解説!

こんにちは。

ハルです!

今回はサイアミーズフライングフォックスが突然死する原因と対処法を解説します。

サイアミーズフライングフォックスに限らず生き物を飼育するうえでペットが死亡することほど悲しいことはありません…

その死因を予め知っておき、対策をすることで悲しい突然死を未然に防ぎ、寿命を全うまっとうしてもらいましょう!

この記事を読んで欲しい方

・これからサイアミーズフライングフォックスを買うつもりの方

・サイアミーズフライングフォックスを現在飼育している方

・サイアミーズフライングフォックスが弱っていて不安な方

スポンサーリンク
目次

どうして★になるの?突然死の原因は?それぞれの原因の対処法も!

突然死を防ぐためにはまず原因を知る必要があります。ではどうしてサイアミーズフライングフォックスの突然死は起こるのか原因を見ていきましょう。

サイアミーズフライングフォックスの死因1 餓死

まず最初に紹介するサイアミーズフライングフォックスの死因は「餓死」です。

サイアミーズフライングフォックスは苔などの植物性のものを好んで食べる苔取りの熱帯魚として有名です!

haru

私の家のサイアミーズフライングフォックスもライトが付いている間はずっと苔を食べています

ただ、食べる量が多い分水槽に苔が少ないのに人工のエサを全く与えないと餓死してしまうかもしれません。

最近は苔がよく生えており、他の熱帯魚にあげているエサのつまみ食いをしているので与えていませんが最初の方はこのエサを与えていました。

人工のエサを与えすぎると苔を食べなくなるので注意しましょう!

普通に安定している水槽なら私のように苔+小魚に与えるエサのおこぼれで十分飼育可能だと思います。

まとめ

・サイアミーズフライングフォックスは苔などの植物性のものを好んで食べる

・苔がある水槽では餓死で死ぬことは無い

・苔が無い場合は人工のエサを与える

飛び出し

サイアミーズフライングフォックは泳ぐことが得意で勢いよく泳いだ時や何かに驚いた時などに水槽から飛び出して死んでしまうことがよくあります。

飛び出しはサイアミーズフライングフォックスの死因で1番注意すべき!

丈夫な熱帯魚ですがこの事故によって死んでしまうことが病気で死ぬよりも高い確率であると言っても良いレベルに本当に良くこの事故が起こるそうなので蓋をするなどしてしっかりと対策をしておきましょう。

まとめ

・サイアミーズフライングフォックスの死因で1番多い

・蓋をするなどして対策する

器具の間に挟まって死ぬ

サイアミーズフライングフォックスが器具の間に挟まって死んだことはありませんがラミノーズテトラやネオンテトラがこの死に方をしたことがあるので念のため載せておきます。

あわせて読みたい
ラミーノーズテトラとネオンテトラが死亡…水草のレイアウトを若干変更‐アクアリウム日記10 こんにちは。 ハルです! 今回はラミーノーズテトラとネオンテトラが死亡して悲しい思いをしたのでその悲しみを記事にしました。 https://haru99530.com/aquarium/aquar...

この記事でラミノーズテトラとネオンテトラが器具に挟まって死んでしまいました。

サイアミーズフライングフォックスは臆病で先ほど紹介した通り水槽から飛び出したりしてしまう可能性もあるような熱帯魚なので同じように器具の間に挟まって死んでしまうことも十分考えられます。

器具の配置考えてしっかりと対策をして下さいね。

まとめ

・器具の間に挟まって死ぬことがある(器具の隙間で死んでいた場合はこの死因の可能性があります)

・器具の配置を考える必要がある

水質変化・悪化によるストレス

水換えのやりすぎ、やらなさすぎなどによって急激に水質が変化し、ストレスを感じることで死んでしまう可能性があります。

私は週に1回、水槽の水を1/3程水換えしています

もちろん水換えは大切ですがやりすぎると水温・PHなどが何度も急激に変化することになりストレスによって病気になってしまいます

haru

病気の詳細は後程解説しています

もちろん水換えをしなさすぎても水質悪化で病気が発生してしまいます。

水温:サイアミーズフライングフォックスにとって最適な水温は20~27℃

水質:pH6.0~7.0程度の弱酸性から中性までを維持することが理想的

このブログで1番アップしているクワガタも急激な環境変化には弱いので生き物はやはり環境の変化には注意する必要があります。

まとめ

・急激な水質変化によるストレスに注意

・水換えが多かったなど水質変化に心当たりがある場合で魚の体に異変がない状態で死んでいたらこの死因の可能性があります

・水換えの頻度が多すぎると突然死や病気を引き起こす可能性がある

白点病

去年私が育てていた金魚も罹ってしまった白点病という病気です。

あわせて読みたい
金魚・メダカ・熱帯魚などが罹る白点病!その治療法解説 こんにちは。 ハルです! 今回は金魚だけでなく、熱帯魚やメダカなど魚の一般的な病気である白点病についてお話しします。 【そもそも白点病とは?白点病の症状】 魚の...

ウオノカイセンチュウ(白点虫)という寄生虫が体に寄生することで魚の体表に白い点のようなものが現れ栄養を奪われていき、死んでしまいます。

水温が25℃以下になってしまうと罹りやすいのでヒーターを使って25℃以下にならないように水温を調節しましょう。

治療方法は先ほどの金魚の記事をご覧ください。

まとめ

・白点病によって死ぬことがある(体の表面に白い部分ができる)

・水温が25℃以下になると罹りやすいのでヒーターを使って水温を安定させる

・感染してしまったら薬を使うことで治すことが可能

薬を使った治療が逆効果になる

先ほどまで紹介していた病気の治療のために薬を使って治療した時に死んでしまうパターンです。

haru

水質の急激な変化で突然死してしまうのと同じです

薬を使ったことによる水質変化で死んでしまっては元も子もないので正しく慎重に治療するようにしましょう。

まとめ

・治療の薬浴の急激な水質変化で死んでしまうことがある

・薬を使った直後に死んだ場合は病気で死んだか薬による水質変化で死んだ可能性が高い

・正しく薬を使用する

寿命

最後は寿命で死んでしまったパターンです。

ただサイアミーズフライングフォックスは寿命が約5~10年以上とかなり長いのでよっぽど長い間飼育していた個体以外は寿命で死んだとは考えにくいです。

まとめ

・サイアミーズフライングフォックスの寿命は約5~10年年程度

・飼育環境が整っていれば10年以上生きる

スポンサーリンク

最後に

今回はサイアミーズフライングフォックスの突然死について解説しました。

飼育は比較的簡単で丈夫な熱帯魚なので是非この記事を参考にして飼育環境を整えて長生きさせてあげて下さい。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次